CAMPING FISH

キャンプと釣りが趣味のブログです

ダイワのクールラインⅡが安すぎる件

f:id:nobo2600:20160517130222j:plain

Amazon | ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールラインII GU GU1100 | クーラーボックス・アクセサリー

ダイワ クールラインII GU GU1100

 昨晩、小物用のクーラーボックスを探していたところ、AmazonでダイワのクールラインⅡが格安で売られていることに気が付いた。

昨晩はいろんなサイズが安かったが、気づいた人が多かったのか今現在は1100サイズと1300サイズだけが安くなっている。

なぜダイワのクーラーを推すのか

 私自身いろいろなクーラーボックスを使っているが、キャンプではコスパの高いイグルーのクーラーボックスを利用している。中身が詰まって冷えていると相当な保冷力がある。しかしながらこと釣りに使うと考えるとイグルーのクーラーボックスでは弱いのだ。

 釣りの場合炎天下の地面にクーラーボックスを置くことになる。そのため地面の熱がダイレクトにクーラーボックスに伝わり、通常のクーラーボックスではどうしても保冷力が弱くなってします。しかし流石釣りメーカーというところか、クールラインでは底部分の断熱材が厚めに作られている。これはサーフでのキス釣りや防波堤でのサビキ釣りなど、クーラーボックスを炎天下の地面に置くことを想定して作っていつからだと思われる。

 上記のことからやはり釣りに使うクーラーボックスは、釣りメーカーのものが良いのである。

キャンプには使えないの?

 ではキャンプに使えないのか?という事になると思うが、当然使えるに決まっている。しかしながら必要以上に断熱材が厚かったり、サイズが小さかったりということからもキャンプには新規導入しにくいと思う。釣りメーカーの大型クーラーは非常に高額なので、そこまでのコストをかけるのであればYETI(イエティ)のクーラーボックス等ブランドのクーラーボックスを買ったほうが、テンションも上がるし、おしゃれである。

 上記からもメバリングやアジングなど小物釣りの用途で、クールラインを買う人には4割引き以上の値下げをしている今はチャンス!買って損はしないはずである。

 

 

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールラインII GU GU1300

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールラインII GU GU1300

 

 

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールラインII GU GU1100

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールラインII GU GU1100