CAMPING FISH

キャンプと釣りが趣味のブログです

Amazon Echoが異常に安い!!

みなさんAmazon Echoって使ってますか?

私は一番最初に発売したときからEchoを使っています。思ってた以上に音質が良かったのでリビングで使っているのと寝室にも一台あります。

ただのプライム会員でも音楽自体は無料の音楽が結構あるので、まあ何でも良いから音楽聴きたいという人はそれでも良いかもしれません。うちは奥さんがサカナクション好きだったのでAmazon Music Unlimitedに加入しています。米津玄師の曲やRADWIMPSはないのですが、サカナクションofficial髭男dismなんかはあったりします。懐メロや洋楽もかなりの数の楽曲があるし、今の所満足してます。

ちなみにこのAmazon Music Unlimitedですが年間料金はプランが何種類化ありますが、家ではファミリータイプの一番高いタイプに加入しています。年間14800円と高いですが家族内6アカウントで利用することができます。兄弟が多いというこもあって6アカウントフルに使っているので、それでこの値段なら格安かと思っています。

ダウンロードして聞くことができるので飛行機等のオフライン環境でも聞けることもメリットです。

話はそれましたが、今現在AmazonでEchoが安売りされています!!

f:id:nobo2600:20190817175832j:plain

音楽聞き放題会員限定で50%オフ!!!

さらに2台購入で50%オフ!!!

1台買っても2台買っても同じ値段になっています(笑)

これを機にスマートスピーカーを導入したいと思っている方はチャンスです!

Echoを買う前に有料サービスに入ってから買うだけで1台分得します!

私もEcho第二世代を2台買いました。

音楽を良い音楽で聴きたいならEcho以上のモデル、音質は気にしないというかたは一番小さいモデルを買えばいいと思います。

釣りやキャンプ以外の投稿は久しぶりになりますが、おすすめの商品だったのでポストしました!Echo連動させて同時に3台鳴らしてみたいです(笑)

Echo Dot  第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo Dot 第3世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

 
Echo 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Echo 第2世代 - スマートスピーカー with Alexa、チャコール

 

 

 

 

本州カラフトマス

カラフトマス

基本的に生まれた川に溯上し産卵するが、母川回帰性は弱く迷って違う川に遡上する事も多い。日本での遡上の南限記録は太平洋側で岩手県日本海側は新潟以北。主にオホーツク海根室海峡流入する河川に遡上する。遡上時期は河川により変化するが、7月から遡上が始まり砂礫質の水通しの良い河床を選び8月から10月に産卵し、産卵後は寿命を終える。孵化した稚魚は河川ではあまり餌を捕食せず、産卵の翌年4月から5月に降海する。

 

今年から渓流釣りをはじめて、釣ってみたい魚が何魚種かあった。イトウやブラウントラウト、レインボートラウト・・・その中のひとつがカラフトマス

解禁期間は6月1日から7月31日までだが、遡上してくるのは7月の後半の雨後の増水のタイミングとの情報。ネットが発達した現在でも、この魚の情報は前回の三重滝のように情報が少ない。きっと青森での渓流アングラーの少なさや、個体数の少なさ等から情報を発信していない人がほとんどいないのかもしれない。

近年のカラフトマス情報は殆どなかったが、地図で地形を調べ、天気予報とにらめっこをしてベストと思われるタイミングで狙いに行ってきた。

そのエリアに足を踏み入れることも、遡上魚を川で狙うことも初めてで、期待に胸を弾ませ家を出た。目的のエリアへ着いたのは5時前、久しぶりに見る太平洋はとても荒々しく波の大きさはスケールの大きさを感じさせた。

橋の上から川を見下ろすとカラフトマスと思われる大型の魚の魚影を確認。

ポイントもさっぱりわからないが、川の近くの道を上流に走らせ車が止められそうな場所から入渓。

最初に上流に行くか下流に行くか悩んだが、上流へ行ってみることに・・・。

無数のチビ山女魚が泳いでいるが、カラフトの姿は見えない・・・。少し上ってやはり下流から攻めようということになり、入渓地点から下流へ歩を進めた。

木が絡んだスリッドのあるポイントを見ると無数の魚影!菅釣りレベルの群れ!

急いでルアーをキャストするもののスルー…。

鼻先を通しても無反応…。

ルアーをヒメマス用のルアーにチェンジし流れに乗せながらフォールさせると…ヒット!ガッチリ食いついてきました。

f:id:nobo2600:20190728132211j:image

記念すべき初カラフト!今年目標にしていた念願の本州カラフトマスに感激。

追加でオスも!釣るもののロクな写真がない…。

f:id:nobo2600:20190728132755j:image

友人の釣ったせっぱり、白い液がダラダラしてしまっている…。友人が導いてしまったようだ(笑)

数匹釣って上流のヤマメを狙いに登るもチビヤマメしか釣れず午前中で退渓。

遡上している群れを相手にイジメでもしてるような感覚になり、カラフトはもういいなという感じになってしまったのだ。

下から上までみていったが、結構な数のカラフトマスが遡上してきていたようだ。海とつながる川なら色んな川に遡上してきているのではないかと感じた。

カラフトマスは川に遡上して来てる個体の食味はかなり落ちて、キャッチアンドイートの対象にはならない。ただ想像通りのカッコいい魚であることは間違いない。

もし釣ってみたい人がいたら禁漁に近い、雨後の太平洋側の川に行ってみるといいでしょう。

恐らくこの時期は色んな川に遡上してると思われます。きっとカッコいいカラフトマスに出逢えるはずです。

 何気に一番反応が良かったのがメバリングプラグ・・・。

ダイワ(DAIWA) ルアー シルバークリーク ミノー 50S パールアユ
 

 これも予想通りレンジを合わせるとガブリ

スミス(SMITH LTD) ミノー D-コンタクト 50mm 4.5g 39 イワナレーザー
 

もはや何でも釣れる最強ルアーですね 

 

三重滝(さんがいのたき)

渓流釣りを始めてから、よく地図を見るようになった。見てみると近くの山にも深い渓が沢山あってその中の1つの渓をしばらく攻めていた。

その渓の奥の方に三重滝というのがある。

今の時代は名前のあるものは大抵ネットに画像があったりするものだが、この滝は名前だけの記事は見つける事が出来るが画像の無い滝だった。

こういう謎な場所に冒険心をくすぐられ、装備を整えて先日遂に行ってきました。

f:id:nobo2600:20190707150224j:image

名前のとおり三段で構成されている三重滝(さんがいのたき)。

この滝の上は林道になっているのだけど、林道からの降下は崩れやすいためにお勧めできない。

途中の淵を泳いで渡れば比較的容易にたどり着ける。

f:id:nobo2600:20190707150532j:image

ここまでくると釣りがおまけのレベルで、ほとんど釣りをしていない(笑)

今回の釣行では滝に辿り着くまで、自分は竿を出さないと決めていたので友人の釣りを見守っていた。

滝壺は水深があるかと思いきや実はそんなに深くなく、増水時も水量があまり多く無い滝なんだと思う。

f:id:nobo2600:20190707150954j:image

滝に辿り着き急いでロッドをセッティングしてキャスト…。やはりあまり人が入らないポイントだけあって釣れる。

f:id:nobo2600:20190707151132j:image

型は大きくないが、大きい尾びれが綺麗だった。

目標としていた場所で魚が釣れて達成感を感じさせてくれる一匹だった。

この辺は昔開拓されて綺麗な道路があったらしく、進んで行くと田代の方へ抜けられるようになっていたと地元の親戚から聞いたが、確かに土砂崩れで崩れまくった林道の脇に不自然にミラーがあった。田代どころか早々に土砂崩れで道がなくなっていて、歩いて行く道すらよく分からない状態になっている。

先週あたり一部の倒木等が寄せられているが、どこまで整備されるのかは不明。もし上の方まで整備されて行くのであれば、滝の上流部にも降りていってみたい。

ひとまず目標をクリアしたので次は違う場所に行きたいと思うが、すっかりホームと化したこの渓から離れられるかは分からない(笑)

 

 

 

本流へ

f:id:nobo2600:20190702124456j:image

先日新規開拓ということで、よく分からない場所へ行ってきました。入渓地点からすぐ近くに堰堤がありますがチビイワナチェイスしたくらいで特に反応なし、友人が早朝から川にダイブして退渓(笑)

ただ見慣れない魚のチェイスがあったので、もしかしたらあの魚がいる川なのかもしれないですね。

初場所で釣りをする時は入渓できそうな場所を探して歩くのですが、地域性なのか入渓できそうな場所の付近にはゴミが散乱している事が多い気がします。民度の問題だと思いますが非常に残念です。

退渓後は某本流へ。

f:id:nobo2600:20190703195915j:image
f:id:nobo2600:20190703195919j:image

ちびっこヤマメが釣れた以外は問題なし…。

歩いていると足元の岩から巨大魚が逃げて行きましたね。

f:id:nobo2600:20190703200043j:image

最後はホームの沢へ。チェイス無数だけどサイズも小さく最後に大きいのバラして終了。

やはり歩きなれた沢は良いですね。早く山に行きたくてたまらんです。

 

山岳渓流

昨日雨降りの中、早朝から入渓してきました。

朝5時半に沢の最後の堰堤の上から入渓。ネット上に画像がない滝を目指しました。

f:id:nobo2600:20190623111244j:image

堰堤から上はイワナ天国で良型爆釣か?と思いきや堰堤の上からしばらくは、イワナチェイスはあるが殆どがチビッコ…。もしかして上に行けば魚がいなくなるのでは…と思ってしまいました。

f:id:nobo2600:20190623111457j:image
f:id:nobo2600:20190623111506j:image
f:id:nobo2600:20190623111508j:image
f:id:nobo2600:20190623111502j:image

沢は上に行くと水が減るかと思っていましたが、この沢は上流に行ってもあまり水量が減る事はなく、豊富な水量が続き、沢山の滝や落ち込みが点在していました。

f:id:nobo2600:20190623111715j:image
f:id:nobo2600:20190623111718j:image

更に奥へ進むとイワナの活性は非常に高く、ちょっとしたトロ場にキャストすると無数のイワナが奪い合いのチェイスをしてきてました。もしかしたら暫く釣り人が入っていなかったかもしれません。

f:id:nobo2600:20190623111935j:image
f:id:nobo2600:20190623111942j:image
f:id:nobo2600:20190623111938j:image

目標の滝にたどり着く前に深めのプールがあり、泳ぐ以外には先へと進めそうになかったので、高巻きして崩れまくりの旧登山道を進みました。

谷を覗き込むとさっきのプールの先は見るからにモンスターが釣れそうな、絶景ポイントか連続していました。

f:id:nobo2600:20190623112343j:image

先に進んでから降りる場所がないか探しましたが、あまりにも土砂崩れと倒木で崩れていたため断念。

ここでストップフィッシングかと思いましたが、戻る途中の滝を高巻きして違う沢へ…。

f:id:nobo2600:20190623112714j:image
f:id:nobo2600:20190623112707j:image
f:id:nobo2600:20190623112710j:image

行ってみるとS字のスロープのような滝や、残雪もあり予想外の秘境ポイントでした。

f:id:nobo2600:20190623112920j:image

恐らく人が入っていない場所だと思われて、アベレージサイズが大きく元気なイワナが沢山遊んでくれました。

人が入らない場所で釣りができるのも山岳渓流の楽しいところですね。ただしそれ相応の装備と体力と注意力が必要ですが…。今回はスーパー地形アプリのオフラインの山岳地図が大活躍。これがなかったら遭難していたかもしれません。

土砂崩れと倒木で消滅した林道は、地図がなければ探せませんからね。

結局、無事脱渓したのは17時30分。戻るだけで3時間は流石にアラフォーの体にはこたえました(笑)

今回で最近通いつめていた沢の攻略はひと段落という所です。次行くときはもう少し気温が上がりプールを泳いでいく予定です。

次回の釣行はもう少し体力的に楽で色んな魚が釣れる場所にしようと考えてます。

どこにいこうかな〜。

 

近所で冒険

渓流解禁から毎週のように川に遊びに行っていますが、ここ最近は近場の山に入り浸っています。

地図を眺めてはこの場所に行ってみたいと少しずつ山深い所へと釣り歩いていました。

f:id:nobo2600:20190611212847j:image

当初ウェーダーで釣りをしていたのですが、奥へ進むにつれウェーダーでは不便過ぎることに気づき、装備を山岳渓流スタイルへと変化。

下半身はファイントラックのアクティブスキンとフラッドラッシュ。上半身もアクティブスキンにラッシュガードのウェットスタイルへと変わっていきました。

この沢登りには定番のファイントラックのウェアですが…非常に快適です!5月中旬からウェットスタイルで釣りをしていましたが、靴下をネオプレーンのウェットソックスにすれば全然余裕で釣りができます。水が入って足がふやけてしまう事が難点ですが、寒さは特段感じません。

フラッドラッシュソックスでも先日釣りをしてきましたが、やはり上流部の水はまだ冷たく、冷えが気になりました。足元の冷えは歳をとると後遺症が出ると聞くので極力回避したいところです。もうちょっと暖かくなるまではネオプレーンソックスかなと思っています。

f:id:nobo2600:20190611213923j:image

当初のウェーダーのお手軽な釣りから、ウェットスタイルで軽快に山を歩けるスタイルになり、更に奥へ進むにつれ、またもや現在の装備では進めない壁がやってきました。

それは沢へ降りるルートが見つからないという事…。おそらくここから降りられるのではないか?という場所は見つけられるのですが、明らかにロープやヘルメットなどが無ければ滑落等のリスクが高い場所が多いため、現在は先へ進めていません。

ここから先のステージへ進むためには、クライミングの知識と装備も必要になってくるなと感じています。

基本は安全第一を心がけて釣りをしているので、この辺の装備を整えて竿抜けポイントへと進みたいと思います。

どこかで習う事が出来れば講習会に参加して、技術習得をしたいところです。友人も私も全くの知識ゼロで始めた渓流釣り…。奥が深すぎて完全に沼ですね…。面白すぎます。

f:id:nobo2600:20190611215629j:image

f:id:nobo2600:20190611215650j:image

ファイントラック(finetrack) アクティブスキンロングスリーブ L

ファイントラック(finetrack) アクティブスキンロングスリーブ L

 

 アクティブスキンは最高です!今のところ今年買って一番よかったものだと思っています。

 

 

クマ出没マップ

4月から渓流を始めて既に10回ほど釣行しているのですが、より人がいない所へ行こうと、深い場所へ入っていくことが多くなってきました。

山深いところ=熊と遭遇

上記のように山深いところに行けば行くほど熊とのエンカウント率は高くなるので、過去から現在のクマ出没マップを見て研究しています。

今のところ熊には遭遇していないのは、ブラスワンのガーディアンのおかげかもしれません。

熊鈴には賛否両論あると思いますが、個人的には効果が無いわけがないと思っています。山に遭難して子熊に囲まれたお爺さんが、必死に笛を吹いて助かったというケースからも、熊は音に反応すると思います。人に危害を加えようという熊には逆効果だ!なんていう人もいますが、そういう熊の方が個体数は圧倒的に少ないはずです。それよりも熊が気づかず、近距離で遭遇してしまう危険性の方が圧倒的に高いと思います。

今後も山深く入っていくのであれば、熊鈴、笛、ナタ、熊スプレーこれは必要になってくるのではないかと思います。

次はどこに行こうかな。