CAMPING FISH

キャンプと釣りが趣味のブログです

入魂ならず…

フィンチのカナリア48のベイトフィネスロッドが届きました。

f:id:nobo2600:20180815211313j:image

素敵なメッセージも添えられており流石人気になるだけとのことはあると感心です。

f:id:nobo2600:20180815211507j:image

カルコンbfsに取り付けて見た感じでは、リールが大きく重く感じてしまいますね…。やはりベイトフィネスに関してはアルデバランbfsの方が色んなロッドで扱いやすいのかもしれないと感じました。

お盆休み前に届いてくれたので、キャストしやすい場所へ行き釣りをしてきました。 

何度か2度ほどサバかアジっぽい魚を抜き上げでバラした後に全く反応がなくなり、その後ズシっと重い何かをかけましたが…。

f:id:nobo2600:20180815211925j:image

誰かがジグサビキで根掛かりして切ったラインと一緒にメタルジグが釣れました…。

見た感じダイソージグに見えます…。

結果入魂できずお楽しみは次回に持ち越しになりました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

今回はPE0.8号にナイロン10lbをビミニツイスト+キングノットで結びましたが、ガイドへの引っかかりもなく快適に釣りができました。ただPE0.8号ということもあり飛距離はイマイチ…。次回はPE0.3号くらいでやってみたいと思います。

本当は渓流にも行きたいのですが今の時期はアブだらけで山に近づくのが怖くて勇気が出ません(ノД`)

来年は装備を整えて入山したいなと思います。

 

 

ベイトキャスティングが面白い

f:id:nobo2600:20180808070024j:image

練習用に鱒レンジャー改tc50を注文していましたが、メーカー欠品のため入荷日未定との連絡をもらいキャンセル…。

手持ちに良いロッドがないので、鱒レンジャー(スピニング)につけて練習してみました。

ノーサミングでバックラしないとネットの記事でよく見かけますが、実際に試してみた感じでは普通にバックラしますね。ただ盛大にバックラッシュってのは少ない気がします。

真っ暗闇で一晩中ノントラブルでメバリング出来るかっていうと…全く自信がありません(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

 

練習をしていて今更思うのですが、ベイトキャスティングってめちゃくちゃ面白いですね。いままでバス釣りを通ってこなかった分、何もかもが新鮮で最高です。これはバス釣りも始めるしかないなと思い始めてます。昔と違ってキャスティング方法もyoutubeを探せばいくらでも出てくるし良い時代になったものですね。


ベイトキャスティング解説!!ロールピッチ、ロールキャスト、バックハンド、スキッピングなど

早くベイトロッドが届くのが楽しみです。今日あたりロッドが届きそうなのでお盆休み中に入魂できればと考えています。いや~たのしみ。

f:id:nobo2600:20180810120914j:plain

初めてのfin-chのロッドなので折らないように気を付けます。

 

カルコンBFSの巻ごこち

f:id:nobo2600:20180803224000j:image

カルコンBFSのインプレを見ると至高の巻ごこちというのをよく見るので、手持ちの14ステラと比べて見た。

正直ステラを使っていたせいもあって感動というわけでもなかったけども、良い巻ごこちです。

ステラの方がヌルヌルでヌメッとした感じで、カルコンのほうがクルクル回る感じがします。

まだラインも巻いてないし投げてもいないので、なんとも言えませんが、マイクロモジュールギアは気持ちいいですね。精密な感じがいいです。

早く投げたくてウズウズしてます。

ベイトロッド早く届いて欲しい…。

 村田基さんがベイトは右巻きが基本と言っていますが、左巻きに慣れていたので今回は左巻きを購入しました。友人が右巻きを持っているので右巻きも使わせてもらおうと思います。どっちがいいんだろうか・・・。

ベイトフィネス始めます

十和田湖で釣りをしてから案の定、淡水の釣りが気になってしょうがありません…。

淡水の釣りをするならやっぱりベイトタックルかなと・・・。

ベイト歴は短く、ロックフィッシュで一時期使っていたのとエクスセンスDCを使っていましたが、バックラッシュとメンテが嫌で使わなくなりました。

しかし近年のBFSブームで飛躍的にベイトリールもロッドも進化しているようで、これなら楽しめるかな?と思いカルコンBFSをポチッと…。

f:id:nobo2600:20180801221650j:image

肝心のロッドはinxレーベル×fishmanのコラボロッド待ちです…。納品予定は9月なのですが、何となく遅れそうな予感がしています…。

ナチュラムにfishmanのブランシエラがあればポチッと逝くつもりでしたが、残念ながら販売してない模様。実物を触ってみたいけどおそらく触れるのは青森フィッシングショーくらいかなと…。

今年の青森フィッシングショーは8月の25、26日ですが26日は朝一から県外に行かなければならないので土曜日しかいけそうにありません。

フィッシュマンも初出展なので非常に楽しみにしてます。

 

 ナチュラムでカマボコテント発売してますね。昨年もこのあたりに発売していた記憶があります。安くて大きくて組み立てやすいテントなのでお勧めです。

初代に比べ寝室の後ろの窓が大きくなり通気性が大幅に改善されています。雨漏りは初代では発生しましたが、2台目以降は発生していません。結露は使い方によると思うのでなんともいえませんね。シングルウォールのテントなら結露は容認すべきかと・・・。ゴアのテントなら違うと思いますが・・・・。

ヒメイワダレソウ 2ヶ月半ちょっと

ヒメイワダレソウを4月末に植えて2ヶ月半ちょっと経過しました。

だいぶ元気に伸びて来ましたが後1ヶ月もすれば青森には秋が訪れます…。それまでどれくらい面積を増やしていけるかが問題ですね。

f:id:nobo2600:20180501003047j:plain

4月30日

f:id:nobo2600:20180720133052j:image

クラピアもそろそろプランターから少し移してあげたほうがいいかもしれません。

f:id:nobo2600:20180720133126j:image

 

初のヒメマス釣り

最近海の釣りをする気が起きず、気分転換に十和田湖の短い解禁期間のヒメマス釣りへ行ってきました。

とりあえずヒメマスを何で狙えば良いのかもさっぱりわからず、スプーン等も持ち合わせていないので仕掛けを揃えることからスタート。色々調べた結果、メバルロッドにメタルジグで釣れるのではないかとあたりをつけ、釣具屋を探すもののトラウト関系のメタルジグを売ってる店がありません…。ネットで探そうとナチュラムを探すもののソウルズのヒメポンは取り扱いなし…。

前日に近くを通りかかったので「ますへい」さんへ寄ってみたところ…ありました!ヒメポンとお店の人に勧められ釣れそうだと思った、メバル用のジグを購入。

f:id:nobo2600:20180717132503j:image

これで無事釣りができることに!

当日は釣りのしたことのない十和田湖の湖畔沿いを車で秋田方面に走らせて釣りの出来そうな場所を探し、ウエーダーを持ってこなかったため足場があり水深がありそうな場所で釣りを開始。

エサ釣りの方は開始から連発…。

ジグのアクションもさっぱりわからず釣りをするもののボトム付近でリフトフォールをしてたらHIT。

しかしタモを車に置いてきたため抜き上げようとした際に口切れ…。ヒットルアーはヒメポンのオレンジ。

そのあとにはtictのジグをスローピッチで誘ってHIT。今度はタモをもっていたが、水面から頭を出したらまたもや口切れっぽい感じでオートリリース・・・。

2回目のヒットのジグはメバリング用ジグ11gアカキン。専用品じゃなくても釣れるようですね。サクラ狙いで40g遠投もありっぽいです。

その後は反応なし・・・。結局朝マズメに餌の人が釣っただけでほかに釣れてる人はいませんでした。

f:id:nobo2600:20180717185020j:image
f:id:nobo2600:20180717185015j:image
f:id:nobo2600:20180717185024j:image

花火が上がる前の日までは釣れていたという良くある話を聞きましたが、実際渋かったようです。帰りに観光がてらポイントを徘徊してみましたが、いろんな場所で今日はゼロと聞きました。

私も結果ボウズだったのですが、奇麗な十和田湖での釣りを楽しめたので良かったです。これがきっかけで淡水の釣りにハマりそうな気がします・・・。

f:id:nobo2600:20180717185158j:image

金ノ神に拝んだ後で目の前でtotoBIGを購入したのでもしかしたらワンチャンあるかもしれません。もし当選した場合は派手に使いたいと思います。

 

 

 

ヒメイワダレソウ 2ヶ月目

ヒメイワダレソウを庭に植えてから2ヶ月が経過しました。前回の投稿から随分成長したと思いますが、同じように急成長してくるスギナとヤブガラシの駆除に追われています…。

この二種の強害草はなかなか強く駆除が容易ではないので、ヒメイワダレソウ で埋め尽くされて駆逐されていって欲しいと願っています。

f:id:nobo2600:20180703191714j:image

このほか鉢で育てている植物にも仲間達が追加。

f:id:nobo2600:20180703191803j:image

アガベ チタノタ ブルー

f:id:nobo2600:20180703191824j:image

アガベ ホリダ

更に実生を開始しました。

f:id:nobo2600:20180704074212j:image

百均のパスタ用の調理容器が実生の腰水栽培に最適という噂なので試してみました。

種はアガベ チタノタ シエラ ミクスティカ

発芽してくれることを祈ります。

へば。