読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CAMP or Fishing

釣りキチはキャンプと釣りを一緒になんてできない!どっちかなんだ!

大荒れ!週末のカマボコテント泊 in あねっこ DAY1

キャンプ

先週の三連休に岩手県雫石にある「道の駅のあねっこ」の隣のキャンプ場で友人家族とファミキャンをして来ました( ^ω^ )

f:id:nobo2600:20161013125336j:image

家を出る前から雨の予報なのは分かってはいたのですが、翌日は雨が降らない予報だったのでとりあえず向かう事に…。

青森から岩手に向かう間も雨は降り続け、雫石に着いた時は土砂降り…(´༎ຶོρ༎ຶོ`) キャンプ場の前に川が流れているので、危険性があるとキャンプ場側で利用停止等の措置をしているだろうと思い、受付に話をしにいく事にしました。

 

受付の人に今日の予報では強雨なんですが、土砂災害や川の増水とうでサイトは大丈夫なんでしょうか?と聞いて見ると…。私たちよく分からないので『お客様の判断でお願いします』との事…。話を聞くと夜は管理棟に誰もいないらしく、お客様の判断で泊まれないと判断したら予約キャンセルして、泊まるなら自分の責任ですよとの事らしい。

f:id:nobo2600:20161013131526j:image

f:id:nobo2600:20161013130037j:image

陸地まで結構な高さがあるので、ダムが決壊しない限りは大丈夫だと判断しました(笑)

しかしこのキャンプ場は数年前に豪雨で橋が壊れてしばらく営業してなかったようなので、もしかしたら最悪同じような状況になるかもしれない不安はありました。

 

でもとりあえずここまで来てしまって帰るのも微妙なので、2泊分の料金を払いテント設営に向かいました。

 

サイトは狭く、カマボコテントを張るとタープは張れない感じです。あと原則ゴミは持ち帰りでゴミ捨て場に捨てて帰らないでくださいとの事…。シャワー施設は無し、トイレと炊事場のみといった感じ…。岩手だとこの環境で3500円でも安いのかな?

 

土砂降りのなかテントを設営し、レインコートを着ているにもかかわらず、パンツまでびしょ濡れ(笑)

 

なんとか設営終了。

f:id:nobo2600:20161013130354j:image

テントの中の足元も水が染みてグチャグチャでもう、綺麗にするのも面倒…!

更に雨足は強まり、夕方には土砂災害警報が発令!

f:id:nobo2600:20161013130555j:image

撥水スプレー2本使って撥水加工したカマボコテントはヒタヒタで雨が強いと霧のような雨漏りが…。まあ雨漏りも常時ダラダラ漏れてるわけではないので耐えられます。四万円のテントですからそこまで求めるのも酷な話ですよね。結露がひどいので定期的にタオルでふきふき。

f:id:nobo2600:20161013130816j:image

夜飯も簡単に済ませ、道の駅の温泉に入り9時過ぎに就寝…。しようと思いましたが、雨は強くなる一方…(´༎ຶོρ༎ຶོ`) ダムの落水音が唸りを上げ、本当に大丈夫なのか?と不安な状態に…。

 

友人家族はあまりのダムの轟音に決壊すれば死ぬかもしれないからと道の駅の駐車場へ避難して行きました…。ウチは四人家族で車で寝るにはキツすぎるので、俺を置いて子供達と駐車場で車中泊しなさいと嫁に進言したのですが、あなただけ置いて行けるわけないじゃないの!車で寝るのは嫌だ!という事で家族で残る事に…。

f:id:nobo2600:20161013131500j:image

結果2時くらいには雨も弱くなりなんとか雨漏りの中、就寝することが出来ました…。

なんでこんな日にキャンプしに来たのかと思わせる初日でした。

 

2日目へ続く