CAMPING FISH

キャンプと釣りが趣味のブログです

山岳渓流

昨日雨降りの中、早朝から入渓してきました。

朝5時半に沢の最後の堰堤の上から入渓。ネット上に画像がない滝を目指しました。

f:id:nobo2600:20190623111244j:image

堰堤から上はイワナ天国で良型爆釣か?と思いきや堰堤の上からしばらくは、イワナチェイスはあるが殆どがチビッコ…。もしかして上に行けば魚がいなくなるのでは…と思ってしまいました。

f:id:nobo2600:20190623111457j:image
f:id:nobo2600:20190623111506j:image
f:id:nobo2600:20190623111508j:image
f:id:nobo2600:20190623111502j:image

沢は上に行くと水が減るかと思っていましたが、この沢は上流に行ってもあまり水量が減る事はなく、豊富な水量が続き、沢山の滝や落ち込みが点在していました。

f:id:nobo2600:20190623111715j:image
f:id:nobo2600:20190623111718j:image

更に奥へ進むとイワナの活性は非常に高く、ちょっとしたトロ場にキャストすると無数のイワナが奪い合いのチェイスをしてきてました。もしかしたら暫く釣り人が入っていなかったかもしれません。

f:id:nobo2600:20190623111935j:image
f:id:nobo2600:20190623111942j:image
f:id:nobo2600:20190623111938j:image

目標の滝にたどり着く前に深めのプールがあり、泳ぐ以外には先へと進めそうになかったので、高巻きして崩れまくりの旧登山道を進みました。

谷を覗き込むとさっきのプールの先は見るからにモンスターが釣れそうな、絶景ポイントか連続していました。

f:id:nobo2600:20190623112343j:image

先に進んでから降りる場所がないか探しましたが、あまりにも土砂崩れと倒木で崩れていたため断念。

ここでストップフィッシングかと思いましたが、戻る途中の滝を高巻きして違う沢へ…。

f:id:nobo2600:20190623112714j:image
f:id:nobo2600:20190623112707j:image
f:id:nobo2600:20190623112710j:image

行ってみるとS字のスロープのような滝や、残雪もあり予想外の秘境ポイントでした。

f:id:nobo2600:20190623112920j:image

恐らく人が入っていない場所だと思われて、アベレージサイズが大きく元気なイワナが沢山遊んでくれました。

人が入らない場所で釣りができるのも山岳渓流の楽しいところですね。ただしそれ相応の装備と体力と注意力が必要ですが…。今回はスーパー地形アプリのオフラインの山岳地図が大活躍。これがなかったら遭難していたかもしれません。

土砂崩れと倒木で消滅した林道は、地図がなければ探せませんからね。

結局、無事脱渓したのは17時30分。戻るだけで3時間は流石にアラフォーの体にはこたえました(笑)

今回で最近通いつめていた沢の攻略はひと段落という所です。次行くときはもう少し気温が上がりプールを泳いでいく予定です。

次回の釣行はもう少し体力的に楽で色んな魚が釣れる場所にしようと考えてます。

どこにいこうかな〜。