CAMPING FISH

キャンプと釣りが趣味のブログです

釣れるようになってきた

先日の令和初&初渓流フィッシュから1週間後に気になった場所があったので行ってきました。

前回イワナを釣った川の別方向の沢を登りました。

f:id:nobo2600:20190515221936j:image

行く手を阻むような倒木が何箇所かあり、スタミナをだいぶ削られました。

f:id:nobo2600:20190515222058j:image

自然の力とは凄まじいものだなと…。

f:id:nobo2600:20190515222208j:image

f:id:nobo2600:20190515222232j:image

良型は出ませんでしたがポツリポツリ釣れてくれました。それよりも次のカーブへ次のカーブへと進むうちに登りすぎてしまい、帰りは地獄モード(涙)

山で遭難する人の気持ちが分かりました…。帰りのことを考えて進む距離というのを考えなくてはなりませんね。

渓流釣りは安全に楽しく釣りをするための装備と計画、熊と出会った場合の心構えなど、まだまだ学ぶことが沢山あります。

ちなみに現在の装備について、渓流ビギナーの私の装いですが以下の組み合わせで釣りをしています。

 

下半身

ダイワ フィッシングウェーダー

モンベルメリノウールタイツ

ノースフェイスアルパインライトパンツ

コストコメリノウールソックス

上半身

モンベル ウィックロンロングTシャツ

モンベル トレールアクションパーカー

モンベル レインダンサー

装備

シムス ウェイポイントスリングバッグ

熊鈴 ブラスワン ガーディアン

 

モンベル率が高いですね(笑)

こんな感じで釣りをしているのですが、朝は気温もまだまだ低く快適に釣りをしています。しかし日が昇ってくると非常に暑いです…。

ウェーダーが非透湿の物だから暑く、かなりの汗をかいてしまいます。メリノのタイツを履いていないとかなり不快な感じになってるはずです。ウェーダーを脱ぐとメリノの上のパンツはビショビショ…。

レインもベンチレーションがないので歩くと汗だく…。何とかもっと快適に釣りをしたくて、ウェットウェーディングのアイテムを物色する毎日です。

とりあえずウェーダーは透湿の物が良いと聞くので、パズデザインのBSフィットチェストブーツウェーダーを買ってみました。

f:id:nobo2600:20190515225423j:image

f:id:nobo2600:20190515225537j:image

このウェーダーサイズ感がさっぱり分からず、口コミも少なくて人柱的な気持ちで買ってみましたが、ジャストサイズでした!ストッキングが欲しかったですが値段が倍くらい変わるのでとりあえず、お試してブーツの方を買いました。

悩んでいる人のために私の体のサイズも記載

身長174cm 体重78キロ 太めというよりはガッチリ系かと思います。足のサイズは26.5cm。KEENアディダスは27cmを履いています。

パタゴニアはMサイズ、モンベルはMかLを着用しています。

このウェーダーですが、なぜかフェルトソールだけ投げ売り状態で売っています。

理由は分からないのですが、フェルトソールとフェルトスパイクで1万円近く値段が違うなら自分でビスを売った方がウ安上がりかと思います。お勧めです。

今週末はウェーダー入魂だぜ!!