CAMPING FISH

キャンプと釣りが趣味のブログです

家を買うその後…

前回家の購入を検討しているという記事を書いておりましたが、色々あってその物件を住環境設計プリズムさんより購入しました。

購入した一番の理由は…立地。

建物を見てみて屋根が古そうで雨漏りしそうだなと思って、事前に屋根は大丈夫かとプリズムさんに聞いたところ大丈夫です!と自信満々に言っておられましたが、引き渡し翌日に雨漏り発覚。

今現在修理待ちの状況です。

知り合いの大工に見てもらったら、屋根を剥がしてやった方が良いと言われましたが、果たして不動産屋さんが委託した大工さんはどう修復するのか?やり方やいつ施行されるのかが分からないため、不安なところです。

今回は売主が宅建業者ですので、中古住宅の瑕疵担保保証期間は2年。悪徳不動産屋なら二年保てば良いから上から適当にコーキングしてくれと言うと思うのでどのように修復するかで、不動産屋が良い不動産屋さんかハッキリわかるはずです。

大工さんの他に電気工事会社の方にもコンセントやアンテナの関係で見てもらいましたが、エアコンや食洗機をつけるとしたら電圧が全然足りない為、配電盤から取替えが必要とのこと…!恐らく結構な費用がかかる模様…。

引っ越す前からなかなか前途多難ですね(´;ω;`)

ちなみに天井にお札が貼ってあったり、押入れに一円玉がたくさん入った瓶や謎のアクセサリーがあったりと処分に困る物も残されており、どうしたものかなと悩んでます。 

 f:id:nobo2600:20171007205958j:image

このお札の意味がわかる方がいたら教えた欲しい…。

実際に家を買ったことでFP技能士として節約できるポイントや節税する方法等分かったことが多いので、今後書いていこうと思います。これも経験してわかりましたが青森だと難しいということがあります。これから中古住宅を買う人の助けになればと思います。