CAMPING FISH

キャンプと釣りが趣味のブログです

開拓の旅

こんばんは。

すっかり春っぽくなってきました。

暖かくなり逆に活性が低くなってしまった気がするnoboです。

金曜日は、普段休みが合わない親友Gと久々に釣りに行きました。

出発は午後9時

県内は西風が吹いていたので風が避けられる津軽半島北側からぐるっと回ってきました。

10時30分第一の目的地到着

アオリ狙いで訪れた事のある漁港で、非常に良いロケーションで気になっていた場所です。

防波堤は短く、イカ師が2人いると狭いです。(イカ師竿一人3本)

イカ師の間に入り開始。

ミニチクにソルトフライカラマリを上向きにセット。

ミニチクにソルトフライを上向きにセットすると根掛りはまずしません!

根がきつい場所ではオススメです。

一投目で21cmのメバルをゲット。

しかしパターンが掴めず単発・・・

粘ろうかと思いましたが、Gがテトラワークが苦手と言う事で30分で移動。

次は比較的大きな漁港

湾内は非常に浅く、湾の入り口は流れが強くポイントがよく分かりませんw

湾の外側は波が高く潮もきつく危険な感じ・・・

湾に入り込む流れの切れ目にキャストしてボトムより30cmくらい上を引いてくるイメージで巻いていたら・・・

なかなか面白いファイトの尺ベッコウ

その後、表層でメバルが一瞬連発

18〜20位が釣れたが、すぐに釣れなくなる。

湾内をライトで照らすとデカヤリイカがいたので、エギを投げるが無反応・・・OTL

またもや移動、津軽半島最北端付近に来るとイカ師が多く、風向きが微妙・・・

仕方なく釣りをしながら帰路に着くことに・・・。

Gが車で爆睡している間に、漁港を数箇所打ってみた。

そのうちの一箇所が非常に雰囲気が良かった。

潮通しも良く水深もあり底にはウィードがポツポツ。

釣れそうな条件が整ってます。

1回ウィードの上を通してくるときにドラグを激しく鳴らすのが掛かったのだが途中でバラシ(涙)

ダイワのジグヘッドはフックの角度がよく使う他のジグヘッドと違うのであわせミスだったと思います・・

同じ場所を通してもそれ以降はアタらす、終了。

次回に期待の出来るポイントだった。

その後、ポイントを転々としてホームについたのが5時30分・・・

寝ていたGも最後にやると言う事で開始したが・・・残念ながら潮どまりのようです・・・

いつもなら間違いなく釣れるコースも全く反応なし

ラインを流した先のウィード帯でのモソッとしたアタリはあったがあわせられず(涙)

結局、Gがチビソイを釣って終了。

青森市内に着いたのは8時過ぎでした(汗)

最初に行った漁港が個人的に気になっています。

磯が絡む防波堤なので、根はキツイですが大物が釣れそうな予感大です。

また機会があったらじっくり攻めてみたいです。

アオリの季節まで北津軽はお休みします。