CAMPING FISH

キャンプと釣りが趣味のブログです

磯でのメバリング

f:id:nobo2600:20170605175918j:image

青森市には磯と呼ばれる場所が少なく、私の知っている場所は数カ所しかありません。

 

1.バッコノ崎

野内のタンク群の手前の小ちゃい岬というかゴロタ。車で途中までしか入れず、バッコノ崎までは歩いて行かなくてはなりません。

情報が非常に少ないですが、団塊世代の人達の頃は結構有名なポイントで賑わっていたそうです。

夜中に1人で釣りに行ったことがありますが、非常に怖いです…。

 

2.心中岩

浦島から久栗坂に抜ける旧道(崖)になります。

祖母から聞いた話だと落ちると浮かんでこないポイントがあるらしく、心中岩と言われているとか何とか…。ここも友人と2人で釣りをしようと向かったことがありますが、ロープがないと無理な場所もあり、ロッドを持ったままだと木にひっかかったりと微妙です。夜は危険だと思います。

 

3.善知鳥崎

ここは比較的有名なクロダイポイントだと思います。それよりも有名なのがトンネルですよね。お化けが出るとか…。祖母から聞いた話だと昔トンネルもない時代は山賊が出るポイントだったそうです。親子で渡るとはぐれてしまうことから、親知らずの峠と言われていたとか…。

 

このどのポイントにも共通してるのが、青森市の磯は怖いということです…。龍飛の磯は夜に入っても怖くないのに何故青森市の磯はこんなに怖いのか…。

 

さてこの磯達ですが、3.の善知鳥崎以外では他の釣り人にまだ出会ったことがありません。なのでメバリング未開拓エリアなのかなと思っています。

まあメバルを狙いにそんな危険な場所に行かなくても、その辺でも大きな釣れるのは分かっているんです。いつも行ってる場所でこの時期のパターンは…みたいなのも好きですが、初場所で地形を見て流れを見て仮説を立てて釣るのも相当面白いのです。

 

怪我をする可能性も防波堤より遥かに高いですが、きちんとした装備で臨めば安心して楽しめます。

防波堤の釣りに飽きたら試して見てください( ^ω^ )

 

先日この中の某磯を爆風時に攻めましたが、なかなか面白い結果だったので、後日じっくり攻めたいと思います。

f:id:nobo2600:20170606210440j:image

 

広告を非表示にする